安月給 サラリーマン 資産一億円を目指!

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの資産運用の道のりを記録がてら更新していきます!ゆくゆくはセミリタイア生活できるよう真剣に取り組んでまいります!

MENU

国は信用できないから、自分で年金を作ろう!

公的年金制度は信用ならないので、
自分で年金を作るしかないと思う今日この頃。もはや自己責任の時代ですね。
もし会社員や公務員で確定拠出年金に入っていない人はオススメですので是非調べてみてください!

【確定拠出年金とは】

確定拠出年金とは私的年金の一つで、現役時代に掛金を毎月一定の金額を積み立てて、予め用意されている投資信託、定期預金、保険などを自ら運用し、損益が反映されたものを老後に受け取るといった年金です!

確定拠出年金は積立金額のすべてが「所得控除」の対象となり、所得税・住民税を節税でき、運用で得た運用益も「非課税」となるのでサラリーマンの皆さんは是非始められることをお勧めします!

詳しくはコチラをご覧ください↓
www.dreamrichman.xyz


【確定拠出年金をなぜ行うのか】

上記のメリットだけでも確定拠出年金を始めた方が良いということがよく分かったかと思いますが、なぜ確定拠出年金をそこまでお勧めするのか?

①老後にかかる費用と老後にもらえる年金

老後にかかる費用は夫婦2人暮らしで平均27万円ほどといわれております。
一方で夫婦2人あたりのもらえる年金の平均が22万円ほどになります。
年金だけでは5万円ほどお金が足りなくなってしまいます。
そうすると節約生活をしなければなり、ゆとりある老後を過ごすことが出来ません。
ですから今から確定拠出年金を使い、自分年金を作っておく必要があるのです。

②公的年金はあてにならない

ご存知の通り、年金受給は現在65歳からですし、将来的には70歳からなんてことになってくると思います。
年金額も徐々に減っていくことが想定できます。
また、医療費の自己負担は増えていきますし、健康保険料、介護保険料、消費税等がアップしていくと思います。
ですので年金はあてにせず今から自分年金を作っておく必要があります。

【現在の運用状況】


毎月1万5千円積み立てて現在190,849円投資しました。
現在の資産残高は182,498円となります。8,351円マイナスになってます。

このまま毎月15,000円積み立てていけば60歳までに約550万円を積み立てられる計算になります。

35歳くらいから掛け金をアップして最低700万くらいは積み立てたいと思います。

700万あれば65歳以降の年金のプラスアルファになり、ゆとりある老後を過ごせます。

また、60歳で仕事を辞め、年金が出るまでの5年間を1年間140万で生活をするというのも良いと思います。
まあ今後、年金受給が何歳からになるかわかりませんが無いよりはあった方が良いと思います。

確定拠出年金は税制優遇に加えて、60歳以降の自分のためになる商品で10年以上積み立てれば、受け取れますので40歳過ぎてる人でも是非確定拠出年金を始めてみてください!

【確定拠出年金にオススメの証券口座】

口座管理手数料と商品ラインナップの2つの観点から判断したい思います。

①口座管理手数料

口座管理料金が月100円違うだけで10年間運用すれば12,000円の差がでますのでとにかく口座管理料金が安い証券口座をお勧めいたします。
口座管理手数料が無料の証券会社はいくつかご紹介致します。
・SBI証券
・楽天証券
・マネックス証券

②商品ラインナップ

ここでいう商品ラインナップとは商品の数ではなく、「信託報酬」の低い、低コストな投資信託がそろっているかどうかということ。
この点でラインナップのバリエーションが最も充実しているのが「SBI証券」になります。
人気のひふみ投信なども揃っています。

また、楽天証券もおすすめである。商品数は絞られているが初心者にとっては選びやすい。
「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」などの人気の投信も揃っているのだ。

商品の数については今後、35以下の商品数にしなければならないという法律が施行されるのでそんなに気にしなくて良いです。とにかく中身を吟味しましょう。

どんな商品があるのか、まずは証券会社から資料請求をして商品概要をみてみましょう↓