安月給 サラリーマン 資産一億円を目指!

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの資産運用の道のりを記録がてら更新していきます!ゆくゆくはセミリタイア生活できるよう真剣に取り組んでまいります!

MENU

トラリピ 絶好のチャンス

かなり円高が進んできてのでトラリピを再開しました!
設定するのは豪ドル円です。
米中の貿易摩擦にもろに影響を受けている豪ドル通貨ですが、まだ下げるかもしれません。
トラリピ派にとっては絶好仕込みのタイミングなので元手15万円でリスタートします。


60円〜80円に買いトラリピを53枚仕掛けてます。

27日から始めてすでに2700円程の利益が出ております。

【トラリピとは】

トラリピはマネースクエアが特許を取得している自動発注システムの名前なのですが、このトラリピは資金量や注文の仕方さえ間違えなければ投資の素人でも利益をあげられる大変オススメの商品です。


トラリピは裁量トレードではないので一度に大儲けするといったものではなく、長い時間をかけて細かな利益を積み重ねて利益を積み重ねて出していくといったものです。

下記図がトラリピのイメージ。

例えば、

100円で買って101円で売る、101円で買って102円で売る、
価格が101円まで落ちてきたらまた買って102円で売るといったように
売買するレンジを決めてそのレンジの中で一定の間隔で購入と決済を自動的にしてくれるのがトラリピです。

一方的に価格が下落し続けたらどうするの?と思うかもしれませんが、
細かな利益をあげつつ下落していくので徐々にロスカットラインも変わってきます。
もちろん、最悪の場合は追加入金するなどの対策が必要となってきます。

【トラリピを選ぶ理由】

①必要な資金が簡単に分かる

トラリピはHP内に下記のような運用試算表を用意してくれております。
ここに必要なデータを入力すればいくら資金が必要なのかを瞬時に割り出してくれます。

何銭間隔で注文を入れるべきか、手持ちの資金量に対してどのくらいの注文ができるのかなどを計算してくれます。

このツールはオススメのポイントの一つとなります。

トラリピは含み損を抱える時期が必ずありますので過去最安値くらいまで落ちても耐えられるような設定にすることをお勧めします。

②ほったらかしで良い

忙しいサラリーマンの方なんかがチャートに張り付いて裁量トレードをするのはなかなか難しいと思います。
上記の運用試算表でどのくらい注文をするか確認してから発注を行います。
あとはたまに状況を確認するだけで良いです。
私の場合は1日1回くらいは見てますが、口座に十分な資金が入って入れば基本見なくても大丈夫です。
また、いざといった時に口座に追加で入金する資金をある程度用意しておいたほうが良いと思います。

③口座保有者の約7割が口座資金が増加している

数年前のマネースクエアのプレスリリースでトラリピ口座を保有している人の約7割の人の口座資産が増加していると記載がありました。
これは驚くべき数字です。FX全体で利益をあげている人は全体の2〜3割程度と言われてます。
それを遥かに超える数字です。トラリピは一度に大きな利益を狙えませんが誰にでも利益をあげ続けることができるということが数字に表れているので投資初心者にも是非トライしてもらいたい商品です。
マネースクエア

【運用状況】

スタート時の資金:150,000円
有効証拠金:152,724円
評価損益:521円

ご覧のように150,000円から初めてこつこつと利益を重ねて2,028円の利益が出ております。
現在、521円の含み益が出ておりますので時価残高はスタート時150,000円よりプラス2,724円になっております。

トラリピでは含み損を抱える場面が必ず出てきます。
含み損が多い時はスワップも沢山つきますし、地味にこのスワップが効いてきます。
そのため私はあまり売りトラリピは好きではありません。
とにかく、含み損が出ているときは仕込み時と思ってさらなる下落があっても耐えられるような資金を用意しましょう。

トラリピを自分で設定→手動トラリピのすすめはコチラ


マネースクエア